便秘解消 便秘を解消する方法 便秘解消 便秘を解消する方法便秘解消 便秘とは : 便秘解消 便秘をなおしてスッキリな毎日を

便秘解消するには食物繊維だけでなくオイルも必要です。


便秘解消するには食物繊維だけでなくオイルも必要です。


便秘解消には油を摂ると効果的です。

便秘の方の中には水分と食物繊維を摂れば便秘解消に
つながると思い込んでいる方も多いと思います。

しかし便をスムーズに出すためにはオイルも必要です。、

オイルには植物性と動物性のオイルがあります。

便秘に効果的なのは「植物オイル」の方です。

植物オイルにはオリーブ油、ゴマ油、エゴマ油、亜麻仁油
等があります。

オイルの種類により異なりますが、その働きは、油に含
まれるオレイン酸の働きにより、腸の蠕動運動の働きを
助け、便をやわらかくして、すべりをよくし便を
出やすくします。

食物繊維が足りないと感じたらオイルも進んで摂りましょう。
簡単にオイルを摂る方法に、サラダのドレッシングに
オリーブ油を使う、オリーブオイルに塩を入れて
混ぜるだけです。

塩は入れすぎないで薄味で使いましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボネリ エキストラバージンオリーブオイル(1L)
価格:1180円(税込、送料別) (2018/1/12時点)




毎日オイルを摂ることで便秘の解消に役立ちます。

便秘で吐き気が起きるのはなぜ?


便秘で吐き気が起きるのはなぜ?

便秘がひどくなると、吐き気がするという方は多くいます。
なぜ吐き気がするのでしょうか?

それは便秘が何日も続きお腹がパンパンに張っているのに
無理やり食べると、もうこれ以上食べ物が入る余地が
ないよという身体からの拒否反応で吐き気がおきます。

但し、便秘で病気を併発している時は注意が必要です。 

例えば腸閉塞や腸捻転、腹膜炎などほうって置くと命に
関わる場合もありますので、症状が激しい場合は
早めに受診することをおすすめします。


その他、環境の変化でストレスがたまり心因性の便秘に
なることもあります。

この吐き気はストレスを取り除き、環境に順応して
なれるしかありません。


便秘が原因で起きる吐き気はさまざまな原因があり、
吐き気の症状が激しい時は病院で診察を受けてください。

心因性から来ている時は、神経内科を受診してください。



慢性便秘はなぜ体臭や口臭が強くなるのでしょうか。?


慢性便秘はなぜ体臭や口臭が強くなるのでしょうか。?


便秘が続くと自分では気がつきませんが体臭や口臭が
強くなります。

慢性便秘は腸内環境が悪化するため臭いがきつくなります。

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌等、約100兆個の菌が
存在しています。

これらの腸内細菌は腸内にびっしりお花畑のように広がって
いることから腸内フローラと呼ばれています。

この腸内細菌は腸をさまざまな感染から守り、免疫の働きを
良くして消化を促進します。

この腸内細菌は便秘になることで乱されて、
腸内環境が悪化します。

腸内環境がよいと便は黄褐色な健康ウンチで、
においはきつくありません。

しかし、腸内環境がよくないと黒っぽかったり
どろどろであったりして悪臭がします。

腸内で発生した有害物質、アンモニア、アミン、
硫化水素、インドール、フェノールなどの有害物質が
身体に吸収され、それが臭いの元になります。


便秘のにおいを解消するには腸内環境を整えて善玉菌を増やします。
腸内環境を整えるには、乳酸菌やビフィズス菌を増やし腸内を
活性化します。

その他、オリゴ糖でビフィズス菌を増やします。

食物繊維は、善玉菌のえさとなり善玉菌を増やします。

食物繊維にも水溶性食物繊維と、不溶性食物繊維があり
1:3の比率で摂るのが最良とされています。

食物繊維の種類 水溶性食物繊維と、不溶性食物繊維

便秘解消 【りらくるスリム60粒入り】3個セット


便秘解消 【りらくるスリム60粒入り】3個セット


便秘の原因としては、腸の働きが悪い、食べる量が少ない
水分不足、運動不足などがあります。

便秘は運動をしたり、食事で食物繊維、特に野菜などを多く
摂ったり、水分を多くとることで解消したいですが、その努力を
してもどうしても出ないという方に、乳酸菌、オリゴ糖、酵素配合
のサプリメントをおすすめします。

りらくるスリム60粒(乳酸菌・野草発酵エキスを主成分とした
サプリメント)はおなかのポッコリをなんとかしたい、トイレで
すっきりしたい、便秘薬を使いたくない、乳製品をあまり食べない方、
ダイエットしたい方におすすめのサプリメントです。

1日1回1錠飲むだけで簡単です。





乳酸菌・酵素・オリゴ糖配合ダイエット 便秘お茶・茶 で 便秘解消 できない方へ!お試しください




便秘解消 便秘でもヨーグルトを食べてはいけない場合


便秘解消 便秘でもヨーグルトを食べてはいけない場合

便秘解消にはヨーグルトといわれていますが、便秘だからこそ
ヨーグルトを食べてはいけない場合があります。
むしろヨーグルトを食べてしまうことで体調を悪化させてしま
うこともあります。

そんなヨーグルトを食べてはいけない場合とはどのような状態なの
でしょうか。

貴方は排便時、流した後も便器に便がついていることはありませんか?
また手の平側から見て親指の下、膨れている部分に流れている血管
が青色でよく透けて見えるということはありませんか?

もしこの二つに引っかかるのでしたら、ヨーグルトの摂取を今すぐ
やめるようにしましょう。これらの症状は体中の血液が上手く循環で
きていない証拠です。

血液が滞っている人の多くは、ヨーグルトや乳製品を食べると逆に腸
が汚れてしまいます。その結果、腸内環境が悪化し、便秘の症状が
より悪化してしまうのです。

他にも冷やしたヨーグルトを食べ過ぎるのも便秘にとっては悪影響です。
冷えたヨーグルト過剰に摂取することで、腸内まで冷えてしまい動きが
悪くなってしまうのです。

特に冷え性の人は自分の体温よりも温度の低いものを食べるときは気を
つけましょう。このようにヨーグルトもタイミングや食べ方を誤ると
便秘を悪化させてしまうこともあります。

まずは自身の体とよく相談してから摂取するようにしましょう。


便秘解消 便秘を解消する方法トップへ


便秘解消 便秘の種類


便秘解消 便秘の種類

便秘には、「機能性便秘」「器質性便秘」と大きく2つの便秘の種類に
分ける事が出来ます。

機能性便秘は、腸に異常は見られないが、腸の機能に異常が見られる
場合の便秘です。

器質性便秘は腸に病気や疾患があって異常がみられる場合の
便秘になります。

器質性便秘の時は、大腸の腸管が狭くなる等の異常があり、便が
スムーズに通りにくい状態を起こす事が原因となります。

機能性便秘についても「慢性」「急性」と大きく分ける事が出来ます。
慢性の便秘には、「弛緩性便秘」があります。

弛緩性便秘は、大腸の蠕動運動が筋肉がゆるんでしまう事で鈍く
なってしまい、便をスムーズに運べなくなってしまい、その間に便の
水分がどんどん腸に吸収されてしまって硬くなってでにくくなり、
腸に長く留まってしまいます。

「痙攣性便秘」は自律神経が精神的な事で乱れて、大腸の筋肉が痙攣を
起こしてしまい起こる便秘になります。

「直腸性便秘」はトイレに行きたくても行けない状況が続いてしまい、
それが慢性化してしまうと大腸の神経自体が鈍くなってしまって便が長く
硬くなり、でにくくなる便秘になります。

急性の便秘は旅行や引っ越しで環境が変わる事で起こる便秘、食事内容
が偏ることで起こります。



便秘解消



便秘は何日めから便秘と呼ぶのでしょうか


便秘は何日めから便秘と呼ぶのでしょうか

便秘とは、一体何日便が出なくなったら呼ぶのでしょうか?
それは人によって違います。

毎日お通じがある人だと、たった一日出ないだけでも気分が悪く
なります。

逆に数日に一回ペースの人は、それ自体に慣れてしまい特に気分の
悪さは感じないようです。

中には一週間以上便通が無い方もいるようで、そういった方は
かなり苦しい思いをしているようです。

便秘の定義とは一体何でしょうか

日本内科学会により決められた定義によると「3日以上便が出ない
状態、または毎日便が出ていても残便感がある状態」を指すそうです。

つまりはその人が普段持っているペースからは乱れた便通状況を
便秘と定義できるわけです。

又便の状態も大切です。

正常な便が出ていれば良いのですが、排便時に痛みや苦痛、または
残便感がある場合は日にちなど関係なく便秘と言えます。



便秘解消 便秘を解消する方法トップへ








スポンサードリンク